スロヴェニアのカルトワイン!Kmetija Stekar / クメティヤ・シュテッカー

世界中の注目を集める、スロヴェニアのオレンジワイン。

2014年、イギリスのDecanter誌初の試みとなるMWが選ぶオレンジ・ワインのブラインド・テイスティングで当時無名であった、クメティヤ・シュテッカーのワインが定評のある造り手たちを凌駕する92点の最高得点を付けたことで、世界中から注目を集めています。

そんなクメティヤ・シュテッカーのワインの中でも、気軽に楽しめるデイリーワインが新入荷

 

Kmetija Stekar

クメティヤ・シュテッカー

シュテッカー家の歴史は最も古い文献から1672年まで遡ります。
10代目となる当主ヤンコ・シュテッカーが生まれたのは戦後樹立したユーゴスラビア社会主義連邦共和国の時代になります。

白ブドウを浸漬する造り方はこの地方の伝統
1844年、シュテッカー農園近郊に住んでいた聖職者マティヤ・ヴェルトニックというが記したスロヴェニアのワイン造りの本にも『24時間から30日まで果皮を浸漬すること。これによりワインの味わいと熟成能力を向上させ、ワインはドライに仕上がる。』と、記されています。果皮のタンニンに含まれる抗酸化物質のおかげでワインは長い命を与えられるのです。ワインは単なるアルコール飲料ではなく、文化の一部だと考えており、代々持続可能なアプローチ、極力干渉を避け、有機的な栽培・醸造を手掛け、この土地柄を反映し、色調や醸造テクニックの概念に縛られることのないワイン造りをしています。

深い色調と鮮烈な香り、複雑な味わいを持ったオレンジ・ワインは昨今のワインの中でも、非常に個性的でスリリングで、料理との親和性の高いワインです。オレンジワインはさながら皇帝の新しい服のようなもので、不完全な魅力とワインの酸化を許容するソムリエや流行に敏感な人々に愛されています。ワインとは、正しい知識を持った消費者が喜びのために飲むワインを選ぶとは限らないという珍しい矛盾があるのです。
オレンジ・ワインとは正確には何を指すのでしょう?オレンジ・ワインとは白ブドウを果皮とともに数週間、あるいは数か月浸漬させたワインを指します。つまり、これらは赤ワインの手法で造られる白ワインなのです。
結果として、ワインの色調のみならず、非常に深みのある香り、アタックを持ち、タンニンすら感じます。
溌剌とした新鮮味とタンニンの組み合わせは料理とのマリアージュにおいて非常に融通が利きます。
2009年、ニューヨーク最高のイタリアレストランConvinoで、元ソムリエで現在作家兼ブロードキャスターを務めるレヴィ・ダルトン氏はこの有用性に発見気が付きました。
『オレンジ・ワインはすべてを解き放つジョーカーのようなもので、私たちのシェフの魚や肉といった食材を次々に提示する料理でしたが、オレンジ・ワインはあらゆるメニューとペアリングを可能にしたのです。』
2014年12月、Decanter誌は72種類のオレンジ・ワインを集めた初のブラインドテイスティングを行いました。
すべてのワインは最低4日間の果皮浸漬を施しており、従来のワイン造りを踏襲しているものです。
発酵容器のタイプ、発酵温度の調節、天然酵母の使用、SO2の総量も考慮されました。
テイスターはシモン・ウルフ氏、Decanterのテイスティングディレクター、クリステル・ギベール氏、イザベル・レジェロンMWです。

魅力的な香り。ジャスミンの香りを持つリンゴ。高い酸度、穏やかなタンニンを備えた構造ながら素晴らしい鮮度。非常に複雑で重層的、ナッツを思わせる余韻へと続きます。92点
(翻訳・意訳:オルヴォー村岡)
DECANTER MAY 2015  Decanter’s orange wine blind tasting top 24

 

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー

2018 IZI
イジ

会員価格:¥2,700 (税抜)

葡萄:レブーラ(リボッラ・ジャッラ)

アルコール度数:10.7%  生産量:2,800本

醸造:天然酵母のみで自発的な発酵に委ねます。濾過せず。

熟成:ステンレスタンク

 

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー

2018 SIVI
シヴィ

会員価格:¥2,700 (税抜)

葡萄:ピノ・グリ

アルコール度数:13.0%  生産量:2,500本

醸造:天然酵母のみで自発的な発酵に委ねます。濾過せず。

熟成:ステンレスタンク