ドイツ・ヴュルテンベルグ地区の純粋主義ワインナリー待望の入荷!!

近年、世界中のプロフェッショナルから非常に高い評価を獲得しているドイツの赤ワイン。

世界的なワイン評論家ジャンシス・ロビンソン氏が「その価格は非常に魅力的」と語るほどで、一般消費者からの人気も高くなりつつあります。

そこで今日は、去年、試飲をして入荷を待ち望んでいた新規取扱ドイツワインをご紹介します。 価格も良心的なので是非、飲んでみてください!!

Weingut Roterfaden

ヴァイングート・ローターファーデン

ヴァイングート・ローターファーデンは、ギリシャ生まれのΟlympia Samara オリンピア・サマラと、ドイツ生まれのHannes Hoffmann ハネス・ホフマンによって2014 年に設⽴されました。ワイナリーは、ヴュルテンベルグ地区、シュトゥットガルドの北⻄30 キロに位置する小さな町Rosswag ロスヴァグに位置しています。ガイゼンハイム大学でブドウ栽培と醸造を学んでいた時に知り合った二人は、卒業後、フランスやスペイン、オーストリア、ギリシャ、カリフォルニアなど世界中のワイナリーで働いてきました。二人はオーストリアのクラウス・ライジンガーに最も大きな影響を受け、自分達でもナチュラルワインを造りたいと思い立ち、ドイツに戻り、耕作放棄地だったハンネスの祖父の畑を引き継いで、2014 年からブドウ栽培を始めました。

******************************

2018 Riesling
リースリング

会員価格:¥3,150 (税抜)

明るいイエローレモンの色合い。レモンやグレープフルーツ、夏みかんなどの⻩色い果物や⽩い花などの⾹り。アタックは柔らかく、酸と果実とミネラルのバランスが取れた柚⼦を思わせるフルーティな味わい。ミネラルと旨味を感じさせる⻑い余韻が続く。

******************************

2018 Lemberger
レンベルガー

会員価格:¥3,510 (税抜)

紫がかったスミレ色の色合い。ブラックベリーやブラックチェリー、カシスなどのブラックフルーツやスミレなどの⾹り。微かにナツメグや⿊胡椒を思わせるノートが感じられる。柔らかい口当たりで、ピノ・ノワールを思わせる美しい酸のバックボーンに支えられた絹のようにエレガントで透明感のある味わい。フィネスとジューシーさを感じる⻑い余韻が残ります。食欲をそそる⾟さと、⾁料理に合わせるのに適したボディがあるため、野菜のグリルや味付けした豚⾁料理、バーベキュー料理と相性が良いでしょう。

******************************

2018 Pinot Noir
ピノ・ノワール

会員価格:¥3,510 (税抜)

美しいルビーレッドの色合い。イチゴやマラスキーノチェリーを思わせる瑞々しい爽やかな⾹り。微かに⿊胡椒や⽩胡椒のヒントが感じられる。アタックはソフトで、キレイな酸に支えられた、とてもクリーンでピュアな飲みやすい味わい。北ブルゴーニュやサンセールのピノ・ノワールを思わせる酸とミネラルが感じられます。⻑い余韻にはジューシーさと独特のミネラルが広がる。グリーンサラダ、ヤギのチーズとナッツのグリル、コンテチーズ、スモークサーモンまたは軽くグリルしたサーモンに良く合うでしょう。酸があり爽やかなフィニッシュがあるため、冷製の料理にも良く合うでしょう。