南ア・日本人醸造家「佐藤氏」の新ヴィンテージ到着

毎年楽しみにしている方も多いのではないでしょうか(^ ^)

今年で4ヴィンテージ目となるケイジ・ワインがリリース!!

通常の白ワインにペティアン・ナチュレルとグルナッシュが
新たに加わり、全3アイテム入荷しております♫
佐藤氏の新たな挑戦、ペティヤンとグルナッシュ100%の赤ワイン
どんな仕上がりなのか想像するだけでワクワクしますね。
皆様のご注文お待ちしておりまーす

Keiji Sato

佐藤圭史

南アフリカのワイン界を牽引する生産者のひとりである 『A.A.Bardenhorst/A.A.バーデンホー スト』 のアディ氏のもとで、日本人として初めてワイン造りを行った生産者、佐藤圭史氏の造る スペシャル・キュヴェです。

彼は大学時代に学生生活を送っていたアメリカ合衆国のオレゴンでワインに出会い、たちまちそ の味わいとワイン造りの奥深さに魅了されました。一旦は会社勤めをしたものの、20代後半の 時に一念発起をし、飲食の世界に転身。東京・渋谷に自身のアイデンティティである「オレゴン ワイン」に特化したワインバーを開店しました。以来彼は、ワインにまつわる様々な翻訳やコンサ ルタント業などで活躍しながら、世界各地の銘醸地を巡り、ワイン造りの夢を大切に抱き続けていました。

***************************

N.V. W.O. Swartland Cage Pet Nat
W.O. ・スワートランド・ケイジ・ペット・ナット

価格:¥3,300 (税抜)

佐藤氏が新たな挑戦として手がける、 ファーストヴィンテージとなるペットナット!!

ラベル の「373」には、3=「3つの品種」、7=「僕にとって大切な7人」、3=「3つめのキュヴェ」という意味が込められています。

【品種】シュナン・ブラン45%+セミヨン40%クレレット・ブランシュ15%

【2021年】冬は雨に恵まれ、春から夏にかけてもブドウにとって快適な気候が続いたため、ここ数年の干ばつによる土地のダメージに徐々に回復が見られました。

【土壌】わずかに粘土を含む風化した頁岩

【収穫】品種ごとに適切な成熟のタイミングで収穫するため、シュナン・ブラン→クレレット・ブランシュ→セミヨンの順に、何日かに分けて手摘みで行います。

【全房使用率】0%(除梗100%)

【発酵】開放式タンクを用いて品種ごとに分け、別々のタイミングで自然発酵をスタートし、発酵開始3日目に全てをブレンドし、トータルで8日目に瓶詰を行い、瓶内二次発酵へ。

【生産量】3200本

***************************

2020 W.O. Swartland Cage Chenin Blanc
W.O. ・スワートランド・ケイジ・シュナン・ブラン

価格:¥3,600 (税抜)

『A.A.Badenhorst』の自社畑のブドウのみを用いたキュヴェで、いよいよ4年目のヴィンテージ

佐藤氏が南アフリカへ旅立つと決めた時に当時4歳だった愛娘が白ワインをイメージして描いてくれた描画です。

【品種】シュナン・ブラン100%

【2020年】冬は雨に恵まれ、春から夏にかけてもブドウにとってとても快適な気候となりました。

【全房使用率】100%

【発酵】古樽とコンクリートタンクにて約3週間、野生酵母による自然発酵

【マロラクティック発酵】あり 【醸造】古樽にて11カ月間

***************************

2020 W.O. Swartland Cage Grenache
W.O. ・スワートランド・ケイジ・グルナッシュ

価格:¥3,600 (税抜)

佐藤氏が新たな挑戦として手掛ける、グルナッシュ100%の赤ワイン。

エチケットは佐藤氏が南アフリカへ旅立つと決めた時に当時4歳だった愛娘が赤ワインをイメージして描いてくれた描画です。

【品種】グルナッシュ 100%

【2020年】冬は雨に恵まれ、春から夏にかけてもブドウにとってとても快適な気候となりました。

【全房使用率】100%

【マセラシオン】10℃以下で3日間

【発酵】30℃手前くらいまで温度を上げながら開放式タンクにて約3週間、野生酵母による自然発酵 【マロラクティック発酵】あり 【熟成】古樽にて11カ月間

外観はやや淡いルビー色で、クランベリーなどの赤系果実や赤い花を思わせるアロマがとても豊かで、ブルーベリーやレモングラスなどのハーブの香りも感じられ、とてもエレガントな印象です。味わいは本来のグルナッシュらしいチャーミングな果実味に溢れ、タンニンも軽やかで全体的に重すぎず、口どけが抜群です。