不動の人気生産者!アルザス『Domaine Kientzler / ドメーヌ・キンツレー 』

秋といえば、◯◯の秋。

実りの秋、食欲の秋、芸術の秋、

スポーツ、読書、、、挙げればきりがない程

暑い夏が過ぎ、活動しやすくなるからでしょうか?

楽しいことが盛りだくさんな季節♪

今年、みなさんの秋はどんな秋になるのでしょうか?

キュベ名に触発されて、昨晩はヌーヴェルヴァーグの世界に浸ってみました。

今年の気分がまさにこんな感じかも…

『A Bout De Souffle (直訳すると息も絶え絶え)勝手にしやがれ!』

秋の夜長はワインと共に映画でリラックス^_−☆

 

Domaine Kientzler

ドメーヌ・キンツレー

リボーヴィレ村の丘陵に広がるブドウ畑の中に本拠を置く、比較的長い歴史を持つ家族経営のドメーヌで、 4代目のアンドレ・キンツレー氏の指導の下、5代目のティエリーとエリックの兄弟が運営しています。

キンツレー家は元々ワイン事業とリボーヴィレの街のグロッサリーとを兼業していたのですが、3代目から ワイン生産事業のみに全ての心血が注がれるようになりました。

自社畑は13.5ha(うち特級畑が4.4ha)で、 醸造所はその真ん中にありますが、40年ほど前に街なかから移転してきました。これにより今では醸造時における果汁の移動は最小限となり、また、広いスペースを活かして重力移動による生産が可能となるため、 果汁にダメージを与えずによりよい状態で醸造を行っています。

***************************

2019 À bout de soufre
ア・ブ・ドゥ・スフル

価格:¥3,000 (税抜)

キュヴェ名はフランス映画の名作 『A bout de Souffle(息も絶え絶え)』 (邦題:勝手にしやがれ) の “Souffle” と SO2の意味の”Soufre”をもじった造語、直訳すると「硫黄の果てへ(硫黄の終焉)」という意味になります。ラベルには硫黄を連想させる火山が描かれています。SO2無添加

フローラルなアロマがとても華やか、酸は柔らかく、熟したオレンジなどの柑橘類のふくよかな果実味が非常にジューシーな味わい。ほのかにオイリーな質感もあり、口当たりのとても滑らかな親しみやすいワインです。